占術の種類

占いを行う際に用いる占術には、いくつかの種類があります。よく聞く占星術やタロットといったものもその占術の一つですが、それらをある程度大きなグループに分類することができます。つまりは占術の中の○○というグループの中の△△という分け方ができるのです。

占術のグループ分け

なぜグループ分けがされるのかというと、そのグループによって得意な占い内容や苦手な占い内容が存在します。なので、このグループの占術ではこういうことが占えるんだな、という目安のためにもグループ分けがされています。
この○○というグループは大きく分けて3つに分類することができます。それぞれ、命、卜、相という名前がついています。

命の占術は生年月日や生まれた時間、生まれた場所などの情報から、その人の運命や運勢、宿命を読み取る占術です。長い期間の物事を見るときに使います。
代表的な占術⇒占星術・四柱推命・九星気学など
得意なこと⇒運命をよむ・運勢を見る・相性を占う
苦手なこと⇒相手の気持ちを読む・曖昧なことを探る

物事のタイミングや運などから判断していく占術です。物事は偶然ではなくすべて必然であるという考え方です。多くは道具などを用いて占います。
代表的な占術⇒タロット、ルーン、易など
得意なこと⇒近い過去、近い未来をみる・相手の気持ちを読む
苦手なこと⇒長い期間の物事をみる

目に見えるものや状況から判断する占術です。命と卜の間のような考え方で、今は確かでもいずれ移り変わるかもしれないことを占います。
代表的な占術⇒手相・人相・風水など
得意なこと⇒今の状況をみる・将来の運勢などをみる
苦手なこと⇒具体性のある内容を占う

その他の占術

上記の3種類に当てはまらない占術もあります。近年人気を集めている霊感や透視といったスピリチュアル系の占術です。これらはその性質から「霊」という分類にされることもあります。己の霊感などを用いてさまざまなことを見通す占術がこの種類になります。霊感などの占術では一般的にどんな事柄でも占えると言われています。しかし同時に、術者の能力や状態に結果が左右されることも多く、誰に相談したかによって結果が異なってくる可能性が最も高い占術です。そのため客観的に物事をみるのにはあまり向いていません。
代表的な占術⇒霊感・チャネリング・オーラリーディングなど
得意なこと⇒ほとんどのことは占える。特に心理状態から占うことが得意
苦手なこと⇒具体的な解決策を求めるもの

適切な占術を選ぶ

上記のことから占いにはそれぞれ特性があることが分かります。その特性に従って相談内容によって使用する占術を変えていくことで、より良い結果が得られるかと思います。
たとえば、「最近できた恋人との相性をみてほしい」という相談内容には、占星術や四柱推命といった命占が向いています。きちんと相性についての回答が得られるでしょう。しかしこれがタロットで占った場合、相性についての結果ではなく、「いつ頃に関係が進展する」とか、「あまり長い付き合いはできない」といった回答になってしまうかも知れません。そこから転じて相性はどうだと判断することもできるかもしれませんが、やはり適切な解答を望む以上、適切な占術を利用するのが一番かと思います。

電話占いピュアリなどたくさんの占い師がいる電話占いサイトでは、どの占い師が一番適しているのかわからず、占い師選びに時間がかかってしまうこともあるかもしれません。そういう時は運営やサポートセンターなどに問い合わせると、自分の相談したい事柄に合った適切な占い師を紹介してもらえるでしょう。また、複数の占術が使える占い師に依頼することで、占い師のほうが相談内容にあった占術を選んで占ってくれるかと思います。
適切な占術選びは他者に任せることも可能ですが、自分で知っておくことで、より占いを楽しめるようになるでしょう。