タロット占い

代表的な占いとして多くの人に親しまれている占術の一つがタロット占いです。小説や漫画、ゲームなどのモチーフに使われることも多く、占えなくとも存在を知っているという人は多いでしょう。

タロット占いとは

タロット占いはタロットカードと呼ばれる78枚のカードを用いて行われる占いです。
タロットカードの起源は定かではありませんが、最古の記録として15世紀の北イタリアで制作されたというものがあります。
一言でタロットといっても、その種類は膨大です。ヴィスコンティ・スフォルツァ版と呼ばれる記録上最古のタロットから、さまざまな人がデザインをし、細かなところを変更して作成したタロットが登場しました。現代では独特のイラストを用いたものや、キャラクターとコラボしたものなどもあり、実にデザインは豊富です。
現在日本で主に使われているタロットのデザインの元となっているのはマルセイユ版とウェイト版(ライダー版)という2種類のデザインで、かわいいデザインのものや独特なデザインのものなども、根本的にはこのどちらかのデザインを流用したものとなっています。特にウェイト版は多く使用されていて、タロット占いなどで多く使われているのもこのウェイト版のタロットカードです。

タロットカード

タロットカードは大アルカナ22枚、小アルカナ56枚の総数78枚のカードを指します。多くは大アルカナのみを使用して占いますが、大アルカナと小アルカナの両方を使って占ったり、少し特殊ですが小アルカナのみで占う場合もあります。

大アルカナ

一般的にタロットカードといわれて想像するのはこの大アルカナのカードかと思います。魔術師や恋人、死神といった名称とともにイラストが描かれ、それぞれに0~21の番号が振られています。

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
愚者 魔術師 女教皇 女帝 皇帝 法王 恋人 戦車 隠者 運命の輪
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
正義 吊るされた男 死神 節制 悪魔 太陽 審判 世界

上記の名称や順番はウェイト版のもので、マルセイユ版では順番や名称、イラストなども多少異なっています。

小アルカナ

「ソード」「カップ」「ワンド」「コイン」という4種類の絵柄にそれぞれ1~10の数字、そしてペイジ・ナイト・クイーン・キングの4人の姿が描かれた各種14枚ずつのカード計56枚を小アルカナと言います。
この4種類の絵柄のことをスートと呼び、スートそれぞれに意味があり、さらに番号ごとにも意味があります。つまり56枚それぞれ違う意味を持っているのです。
また、小アルカナのカードはトランプの起源になっているとも言われています。反対にトランプが小アルカナの起源だという説もあります。
この4種類のスートはそれぞれトランプにあてはめることができます。
ソード/スペード
カップ/ハート
ワンド/クラブ
コイン/ダイヤ

タロットで占う

タロットを使った占い方は基本的にカードを混ぜ、並べ、そこに出たカードの向きや位置からカードの意味と照らし合わせて占っていきます。このカードを混ぜる行為をシャッフル、並べることをスプレッドといいます。

シャッフル

タロット占いにおいてカードの向きというのは大きな意味を持つため、基本的には上下ばらばらになるように混ぜます。特に混ぜ方にルールなどはなく、占い師自身が混ぜることもあれば相談者に混ぜさせる場合もありますし、単にカードを切る程度にとどめておくこともあります。このあたりは術者によって異なってきます。

スプレッド

シャッフルし終えたカードは決まった配置で並べます。このスプレッドにはさまざまな種類があり、スプレッドによって展開する枚数も配置方法も異なります。
有名なのはケルト十字法。十字に並べた右側に4枚縦に並べる方法で、計10枚のカードを使用します。問題の内容から過去、未来までを探り、最終的な結果を求めるものです。
ヘキサグラムも有名です。六芒星の形に並べ、中心に一枚置く計7枚のカードで行われる方法です。問題に対して過去未来対策結果などを探るも方法です。
手軽にできるものとしてワンオラクルがあります。カードをシャッフルして一枚だけ引く方法です。問題内容に対してその一枚から答えを読み取る方法です。


電話占いピュアリにもタロットを扱える占い師さんがいらっしゃいます。

美愛先生 希林先生 葛の葉先生
西洋占星術・霊感・タロットカード・レイキヒーリングなど 西洋占星術・霊感・オーラ鑑定・四柱推命・イーチンタロットなど タロット・霊感・チャネリング・スピリチュアルリーディング・精霊魔法など