大アルカナと小アルカナ

大アルカナ

タロットカード78枚のうち22枚の絵柄のカードのことを大アルカナといい、小アルカナとは異なり単独の一枚となります。それぞれ0~22の番号が振られていて、カードには名前があります。
タロットにはマルセイユ版やウェイト版というようにいくつか種類がありますが、それぞれによって番号や順番、名前が異なっています。
ここで紹介しているのは認知度も高いウェイト版のものとなります。

0 愚者 11 正義
1 魔術師 12 吊るされた男
2 女教皇 13 死神
3 女帝 14 節制
4 皇帝 15 悪魔
5 教皇 16
6 恋人 17
7 戦車 18
8 19 太陽
9 隠者 20 審判
10 運命の輪 21 世界

上記が代表的な番号と名前ですが、説によっては番号の振り方や名前などが異なります。例えば8:力と11:正義の順番が逆だったり、0:愚者には番号が振られていなかったり、0からではなく1からスタートしていたり、13:死神が無記名だったりと様々です。

小アルカナ

4つのスート(絵柄)と10の数札、4の人物札からなる56枚のカード。占いで使用する際は大アルカナと一緒に78枚で行うことが多いですが、希に小アルカナのみの占いをする人もいます。トランプに大アルカナを加えて現在のタロットになった説と、小アルカナをもとにトランプができたという説があるようです。
小アルカナも大アルカナと同じように一枚一枚それぞれの意味を持っています。占い自体は大アルカナのみでもできますが、小アルカナを混ぜる事によってより深く物事を読み解くことができるでしょう。

スート

ソード(剣)、カップ(聖杯)、ワンド(杖)、コイン(金貨)の4つの絵柄が小アルカナにはあります。トランプの数札と同じようにそれぞれ数札の数字の数だけ描かれています。とはいえトランプのように絵柄だけが描かれているわけではなく、一枚の絵、ひとつのストーリーとして描かれています。ソードはスペード、カップはハート、ワンドはクラブ、コインはダイヤといったようにトランプのスートと対応させて考えることもできます。ただしワンドをダイヤとしたり、コインをクラブにするなど諸説あり、下で紹介しているのは代表的な考え方の一つです。
西洋占星術など西洋系の思想に多く用いられる四大元素も当てはめることができ、それぞれソード→風、カップ→水、ワンド→火、コイン→地と対応しています。

ソード

トランプ 四大元素 星座 身分
スペード 双子座、天秤座、水瓶座 貴族

キーワードは意志・信念・挑戦など。知的な一面を見せ、試練や困難に立ち向かう様を表しています。

カップ

トランプ 四大元素 星座 身分
ハート 蟹座、蠍座、魚座 聖職者

キーワードは感情や愛情。心情の様子を表しています。

ワンド

トランプ 四大元素 星座 身分
クラブ 牡羊座、獅子座、射手座 農民

キーワードは情熱や理想など。物事を始めようとする情熱や積極性を表しています。

コイン

トランプ 四大元素 星座 身分
ダイヤ 牡牛座、乙女座、山羊座 商人

キーワードは継続・実績・人脈。金貨やペンタクルとも呼ばれ、物質的な価値のあるものや、地道に実績を上げていく様子を表しています。

数札と人物札

小アルカナには各スートごとにそれぞれ10の数札と4の人物札がある。数札はそれぞれ1~10、人物札はペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚となっている。スート4種それぞれに数札人物札14枚があり、合わせた56枚が小アルカナです。
数字札にはそれぞれ数字ごとに意味があります。数字札は1から始まり、起承転結、物語の流れを経て10に向かいます。そして10からまた、ステップアップして1に戻る、そんな人生を歩んでいく様子が描かれています。そこにスートの意味を合わせることでカードごとの意味となっています。
人物札にも同じように人物ごとに意味があります。キングは男性、クイーンは女性、ナイトは行動、ペイジは気持ちを表しています。数字札と同じようにそれぞれスートの意味を合わせることでカードごとの意味を持ちます。